Piece of cakeのセイン氏の評判や実績は?英会話は本当に2カ月で身につくのか

日本人は英語なんて喋れなくても良いと思われていたような時代とは違って、今は日本でも急速にグローバル化が進んでいます。

そうした時代が到来した時に、私たち日本人に最も求められるものは日常的に英語を話すことが出来るようになる“英会話力”だと言えます。

しかし、日本は島国でもあり、非常に閉鎖的な国であるため、私たち日本人にとっては英会話というのはどうしても苦手意識の強いものとなっています。

さらに言えば、日本の英語教育の特徴として、日本の教育では“読み書き”をするという事に重点を置いています。

そうした理由から、日本の学生は試験ではいい点数を取る事が出来たとしても、英会話という事になるとなかなか思うようにはいかないという現状があります。

今では昔に比べて英会話教室などの需要も高まってきてはいます、しかし残念ながらそこで指導する教育者たちも日本の英語教育を受けてきた人たちがほとんどですので、効率的に英語を学ぶ為にはまだまだ課題が残ると言わざるを得ません。

もちろんその中にはバリバリのネイティブの人が指導者となっている教室などもあるかもしれませんが、そうした指導者の方も日本人の英語教育の背景を知らずに英会話の指導をしている為に、なかなか効率の良い学習には至っていません。

そこで気になってくるのは、どうやって英会話を学ぶ事で効率的よく英語を身につける事が出来るのかという事だと思います。

これまでに説明させて頂いたような日本独特の複雑な事情が絡み合う日本の英語教育において、英語を身につける為に必要な事というのは

≪英語を身近に感じる事≫

≪英語への苦手意識を無くす事≫

≪英語に慣れ親しむ事≫

なのではないでしょうか。

そんな中で耳寄りな情報があるんです!

そこで皆さんにご紹介させて頂きたいのが『David Thayne(デイビット・セイン)』という方が講師を務める【Piece of cake(ピースオブケーキ)】という英語学習サービスの存在です。

この【Piece of cake(ピースオブケーキ)】というものがどういう英語学習を進める所なのか、そして『David Thayne(デイビット・セイン)』さんの詳しい経歴や、その指導法などに関してもこのサイトでできる限り詳細にお伝えさせて頂きたいと思っています。

これから英語を学びたいと思われている皆さんの英会話力の向上に役立てていただければと思います。

Contents

David Thayne(デイビット・セイン)氏について

David Thayne(デイビット・セイン)氏について

まず皆さんには、【Piece of cake】の学習内容に関してを説明させて頂く前に、この【Piece of cake】の講師を務めている『David Thayne(デイビット・セイン)』という方についてお伝えしていきたいと思います。

多くの書籍も発売しており、日本の英語学習を語る上では欠かす事の出来ないような人物ですから、この記事を読んで頂いている方の中にも名前を聞いたことがあるという人もいるかもしれません。

それほどに日本の英語教育に携わっている方ですので、まずはデイビット・セイン氏の事を知り、【Piece of cake】についての有用性を感じていただければと思います。

多くのメディアでも評判!セイン氏の略歴に関して

David Thayne(デイビット・セイン)氏について

デイビット・セイン氏はアメリカ生まれで「AtoZ English英会話学校」の校長をつとめている方です。

カリフォルニア州Azusa Pacific Unibercityで社会学修士号を取得しており、証券会社勤務後に日本に来日しています。

オンライン教育も含めると、もうすでに日本で40年以上にわたって100万人以上の英語指導に携わってきた“レジェンド英会話教師”なんです。

これまでに手掛けた書籍は400冊以上に達しており、累計発行部数は400万部を超え、英語書籍の出版数では日本一を誇り、その多くがベストセラーとなっています。

さらには、その他にもNHKレギュラー出演のほかに、日経新聞、朝日新聞、毎日新聞などにも連載を持つほどの人物です。

その他にも特徴的なのは、東京オリンピック・パラリンピックに向けた多言語対応推進セミナーでスタッフ、ボランティアの方に対しての英会話指導を行ってきたという実績を持っています。

セイン氏のこれまでの実績に関して

デイビット・セイン氏の実績は物凄いものがあります。

まず特筆すべき点としてはNHKの『英語でしゃべらナイト』に出演されているという所が挙げられるのではないでしょうか。

さらには同番組から「1回1分!で英語脳をつくる タテ読み長文速読ドリル」という著書も出版されています。

出版書籍で言えば400冊以上、発行部数400万部以上という実績があり、その中には

『100分DVDで完全マスター・海外英会話』

『日本人が「使いすぎる」英語』

『「ネイティブはこう使う!マンガで分かる前置詞』

『「へこむ」を英語で言えますか?』

『ネイティブはこう使う!マンガよく似た英単語使い分け事典』

『英会話の9割は中学英語で通用する』

など、本当に沢山の書籍が出版されています。

さらには『セイン英語ジム』というダウンロード数4万人のアプリの制作や、日本経済新聞社のアプリの監修や制作を手掛けていたり、朝日新聞や日経新聞の連載に加えて、『日経ビジネスAssocie』『AERA English』などの雑誌にも連載を持っています。

サポート体制もバッチリ!その他の講師に関して

他にも【Piece of cake】を代表する講師には、運営責任者にもなっている『原 貴浩』氏がいます。

『原 貴浩』

原 貴浩氏はフロリダ州Broward collegeを首席で卒業しており、帰国後は舞台や楽曲制作等のエンタメ業界に関わりながら11年間英会話講師を務めています。

デイビット・セイン氏に負けじと劣らず、英語関連の書籍や音声、動画コンテンツの制作編集も手掛けており、英語講師、通訳案内士としての経験を活かして、ゲストハウスを立ち上げたりとその活動は多岐にわたっています。

多文化共生支援団体「Family Planet Japan」の代表も務めるような信頼の講師です。

信頼の講師による英語・英会話学習を実現

以上のように、様々な経歴や実績をもっているデイビット・セイン氏や原 貴浩氏が講師をつとめている【Piece of cake】なら、確実に英語を身につける事が出来るようになるという期待が出来るとは思いませんか?

何よりも、日本での活動歴が長いからこそ、日本人の特徴をよく理解していて、日本人の英語に対しての苦手意識というものを理解した上で始動されているので、英語が苦手だと感じている人にとっても安心して英語を学ぶ事が出来る内容になっているんじゃないかという事がわかります。

【Piece of cake(ピースオブケーク)】とは

【Piece of cake(ピースオブケーク)】とは

【Piece of cake(ピースオブケイク)】というのは、日本で40年以上にわたって100万人以上の英語指導に携わってきた“レジェンド英会話教師”デイビット・セイン氏が先頭にたって講師を勤め提供する英会話の学習サービスです。

その概略として、一体どういった指導方針をとっているのか、そしてどのようにしてそのサービスを受ける事が出来るのかという事に関してを皆さまにお伝えしていきたいと思います。

簡単で効果抜群の6つの会話パターン

簡単で効果抜群の6つの会話パターン

Piece of cakeの特徴として一番に挙げたいのは“6つの会話パターンを身につけるだけで2カ月で英語がペラペラになる”という点です。

実際には1週間でかなりの上達が実感出来ますし、1カ月でほぼペラペラになります。

具体的な指導内容に関してはこの場で全てをお伝えする事は出来ませんが、例えば最初に指導される事としては、「Oh」「Maybe」の使い方。

この二つの単語なんて誰でも聞いた事があるようなものだと思います。

こうした誰でも知っているような単語の使い方を学ぶだけで英語が身につくというのがPiece of cakeの大きな特徴です。

たった6つの事しか学ばないので、何百も会話パターンを覚えるような必要がありませんし、日本人が学びたがっている“普通ではおかしい書き言葉を覚えるのではなく、自然な口語に特化して学ぶため”の英語を身につける事が出来るようになります。

学習法の具体例としてはどんな感じになってるか

例えば、日本語で「洋服をお探しですか?」と尋ねられたとします。

日本人が学校教育で覚える英語でそれに対して返事をすると、「はい、私は洋服を探しています。」という返答になります。

しかし、これってコミュニケーションとしてはちょっと異常ですよね?

普通、日本人同士の日本語での会話の場合は「洋服をお探しですか?」と聞かれた場合には、「そうなんですよ~。」という返答の方が自然ではありませんか?

そういう場合は「Oh,yes.」だけで十分なんです。

堅苦しい文法を用いた会話をするのではなく、簡単な単語だけを使って実際に使う事が出来る英会話をする事が出来るようになるというのがPiece of cakeの特徴だと言えます。

「幕末リスニング」でリスニング強化

「幕末リスニング」でリスニング強化

リスニングを強化する為にPiece of cakeで利用するのが『幕末リスニング』というものになります。

例えば「last year」という単語があった場合は、日本人はカタカナ読みすると「ラストイヤー」と読みますよね?

しかし実際にはネイティブは「ラスチャー」といいます。

日本人にとって「last year」「ラスチャー」と読むのはなかなか難しいものがありますが、このように自分で言えるようにならないと聞き取れるようになりません。

幕末リスニングでは、ネイティブが言っている“音”をカタカナにして目で見えるようにしたものであり、ジョン万次郎が100年以上も前から提唱していた方法となっています。

カタカナ表記している方法をデイビット・セイン氏が大小も使ってわかり易く進化させたのが『幕末リスニング』となります。

楽しみながら学べて失敗しない

英語学習となると、どうしても堅苦しく考えてしまうと思いますが、Piece of cakeならそうした悩みを抱える必要もありません。

というのも、小難しい文法だとか、単語を必死に覚えたりする必要がないからです。

英会話でコミュニケーションをとる為に必要なたった6つの会話パターンを学ぶという事がPiece of cakeの本質ですから、暗記項目というのはさほどなく、楽しみながら実際の会話の流れの中で実践的な英語を学ぶ事が出来るようになります。

どんなにやる気に満ち溢れていて、真面目に英語学習と向き合い、前向きに取り組んでいたとしても、英語を話せるなったというような実感を得られずに、ただひたすらに文法や単語の暗記を、学習の作業として行ってしまうと、疲弊してしまい、挫折し、結果として英語が苦手なままになってしまいます。

こうした事が日本人に英語の苦手意識を植え付けてしまう要因になっているのではないかと思います。

単純作業として文法や単語の暗記するという事ではなく、「相手に伝わる英語」を実践することによって得られる喜びなどを感じながら学習を続けていく事の出来る工夫がされているのがPiece of cakeの特徴です。

学習がモチベーションアップにつながり、効率的に着実に英語力をアップしていく事が出来るようになります。

お値段以上の結果に結びつくPiece of cakeの特徴

デイビット・セイン氏の教えるPiece of cakeの内容は英語初心者にとっても非常にわかりやすく、楽しく学べるような内容となっています。

英会話をスマホを使って、1日たったの30分間だけ集中し、本格的なレッスンといった事や、最新のテクノロジーをも活用して体験型の学習をする事が出来るようになります。

スキマ時間を利用した英語学習を継続する事によって、わずか1週間でその効果を実感する事が出来て、2か月で日常会話になんら支障なく英会話が出来るようになっているという事例が多発しています。

まさに新感覚の英語学習方法Piece of cakeの大きな特徴だと言えます。

Piece of cakeのメリット

Piece of cakeののメリット

Piece of cakeにはデイビット・セイン氏や原 貴浩氏という講師陣による様々な学習の工夫が盛り込まれており、そのサービスには私たちが英会話を学習する上で嬉しい様々なメリットが用意されています。

もちろん私自身もこのPiece of cakeを活用させていただいて、そこで私自身が感じたメリットに関して皆さんにお伝えしていこうと思います。

様々なメリットを確認してみていただく事によって、Piece of cakeをどうして私がここまで皆さんにオススメしているのか、というその理由についても、しっかりと理解していただく事が出来るのではないかと思います。

これからPiece of cakeで英会話の習得を目論んでいるという方ももちろん、まだPiece of cakeがどういうものかわからないけど興味があるという方にもぜひ一度読んでみていただければと思います。

《メリット①》スキマ時間で学習出来る

例え学習内容がシンプルなもので、誰でも簡単に取り組めるものだと言われても、実際に英会話力を向上させる為にそれを毎日2時間、3時間も集中して勉強しなければならないと言われると毎日継続していくのは難しいと思われるかもしれません。

実は私自身も勉強は苦手なタイプですし、今は仕事もしていて1日に何時間も勉強にあてるというのは正直現実的ではありません。

しかし、Piece of cakeの魅力は、スキマ時間を利用して英語学習に取り組めるという所にあるのです。

オンライン学習という特性上、決められた時間に机に向かうというような必要性は一切ありません。

自分の生活スタイルに合わせて、無理のないタイミングでスキマ時間を利用して少しだけ集中して学習する時間を作れば良いんです。

《メリット②》用意するのはスマホだけ

Piece of cakeの最大のメリットとして挙げる事が出来るのは、自分で用意するアイテムは誰もが所有している【スマホ】だけでいいという事。

つまりこの記事を読んでいる人であれば、もうその時点で必要なものが揃っているという状態に間違いはないはずです。

普通の英語教育の場合は様々な学習教材が用意されているはずです。

小難しいテキストやリスニングのCDであったりというように、指導内容とは別に教材費というような名目で追加費用も必要になってくる場合が多くあります。

しかし、Piece of cakeであれば、必要なのはそのサービスを受ける為の費用だけですし、その為に難しい操作や必要な機材を揃えたりするような必要は一切ありません。

こうした必要最低限のシステムで英会話を習得する事が出来るというのが利用者にとっては大きなメリットになっていると思います。

《メリット③》初心者からでもOK

英会話を習得したい気持ちはあるけど英語はどうも苦手だと思っている人は沢山いると思います。

英語を身につけたいと感じていても、なかなか踏み出せずにいるという方も少なくないのではないでしょうか?

そうした英語の苦手意識を強く持ってる人にとっても始めやすい内容になっているという点がPiece of cakeの大きなメリットとなっていると思います。

逆に言えば、変なクセがしみ込んでいない分初心者の方が素直にPiece of cakeを始める事が出来るかもしれません。

英会話を始めてみたいというような初心者の方から、本格的な伝わる英語を身につけたいというような目的の方まで、幅広くサポートするのがPiece of cakeの大きなメリットとなっています。

《メリット④》楽しく学べる

散々お伝えしている事ではありますが、日本人はどうしても英語に苦手意識を持っているものです。

その理由としては学生時代に苦労を強いられた試験の為の学習としての無機質な暗記作業というものも関係しているのではないでしょうか。

そのような勉強の仕方をしているとどうしても英語がつまらないものとなってしまって、勉強自体もつまらなくなり、英語が話せるようになる事もなく、ただただ英語に対しての苦手意識を増すばかりだと思います。

そういった点においてもデイビット・セイン氏や原貴浩氏が講師をつとめるPiece of cakeではそうした考えを根底から改善した【楽しい学び方】を取り入れていますので、単調な暗記の作業や何かを必死に考えるというような事から解放され、まさにゲームを楽しんでいるかのような感覚で英会話を学んでいく事が出来ます。

自分の好きな事に夢中になっていると時間なんてあっという間に過ぎ去ってしまいますよね。

楽しい学習方針をとっているからこそ、Piece of cakeでは老若男女問わず、多くの人がその効果を実感する事が出来るようになっているのです。

《メリット⑤》暗記不要の6つの会話パターンでOK

実際にPiece of cakeで英会話を習得しようと学習を進めていくうえで、実際にどういう事を学んでいくのかというのは気になるところだと思います。

例えば複雑な手順を含むものであったり、単調な暗記作業の繰り返しだとしたら学習に対してのモチベーションを維持する事も大変になりますし、決して効率的な学習が進められるとは思いません。

しかしPiece of cakeの学習のステップは、6つの会話パターンを覚えるだけです。

必要最低限の知識も中学校で習うような単語だけで十分です、そうした単純な事だけを身につける事で英語を不自由なく扱えるようになるというのは英会話を学ぶ上で大きなメリットになるのではないでしょうか。

《メリット⑥》実践的な英語が身につく

一生懸命英語の勉強をしたとしても、相手に伝わらないのであれば意味がありません。

もちろん試験に合格するためにする勉強というものも存在していますし、日本の英語教育というのはほとんどがそうした目的での指導方針をとっていると言えます。

しかしそうした英語教育の弊害は、実際に英会話を習得するという事に関しては全く役に立たないと言う事です。

例えば、海外の人が日本語を話している時に、なんだか回りくどくてわかりづらいなぁと思う事はありませんか?

日本の形式的な英語教育で培った英会話では相手にそういった印象を与えてしまう事になってしまうんです。

もちろんそれでも会話は成り立つかもしれませんが、本来、会話ではもっといろんなニュアンスを相手に伝えたい時があるはずです。

無機質な教科書英語ではそういう会話はなかなか成り立ちません。

Piece of cakeでは“伝わる英語”という事に重点を置いた指導方針をとっているので、とても自然で人間的な会話をする事が出来るようになるんです。

そうした英会話の指導を受けるのは英会話教室に通っていてもなかなか稀なことですので、英会話を習得するという意味ではPiece of cakeはまさに最適な指導方針をとっていると言えます。

実際の学習法はどういう流れ?

実際の学習法はどういう流れ?

いざ自分がこれからPiece of cakeを始めようと思った場合にどうすれば良いのかという事は気になる所だと思います。

Piece of cakeはまず無料体験レッスンを受ける事が出来るようになっているので安心して頂いて構いません。

メール登録をするだけで無料体験レッスンの動画が見られるようになります。

あとは1日30分の動画を見るだけで学習を進めていく事が出来るようになるので、難しい事は一切ありません。

無料体験レッスンを通じて自分には合わないなと感じればそこで終わりにすれば良いだけですから、費用を無駄にかける必要もありませんので安心ですよね。

悪評や悪い口コミが気になる方へ

悪評や悪い口コミが気になる方へ

これからPiece of cakeを始めようと思っている人は世間での評判がどういうものなのか気になる事だと思います。

悪評や悪い口コミを目にしてしまうとしり込みしてしまうかもしれません、ここでは私がPiece of cakeを実践しているという人から口コミを頂いてきました。

実際に利用している人のリアルな意見を是非参考にしてみてもらえればと思います。

《口コミ①》「スキマ時間を利用して取り組めるのは最強」

アタシは普段パートで働いていて、その合間に家事や育児などをしているのでなかなか英会話スクールに通う事が出来ません。

そこで知人から教えてもらって始めたのがピースオブケークです。

1日30分の時間をいつでもいいから用意するだけなので、忙しい日でも無理なく取り組めるというのはアタシのような生活をしている人にとって強い味方になってくれました。

《口コミ②》「嘘みたいに英語がペラペラになります」

始めて1週間で効果を実感する事が出来るとは思っていませんでした。

英語に対しては昔からコンプレックスを抱えていたのですが、喋れるようになるとそのコンプレックスも消えますね。

今は英語で会話する事に楽しさを覚えています。

《口コミ③》「ピースオブケーキはデメリット知らず?!」

良い事ばかりじゃ逆に怪しくなるかなと思ってピースオブケーキのデメリットを探してみたんですが、これといってお伝え出来るようなデメリットはありません。

一つ言うなら、真剣に取り組んでほしいっていう事くらいでしょうか。

元々英語が得意じゃない人にも優しい内容になっているので、真剣に学びたい気持ちさえあれば問題ありません。

《口コミ④》「セイン氏からのレッスンを受けれるのはレアすぎです。」」

名前を聞いた時に「おっ!」と思ってこのPiece of cakeを始める事にしました。

実はセイン氏の本は何冊か持っていたので、直接指導してもらえるのはチャンスと思って参加してみたんですが、本当にやってよかったっていう感じですね。

英会話がなかなか身につかずに悩んでいる人がいれば勧めてあげたいです。

《口コミ⑤》「評判通りの結果となりました」

暗記するような学習法じゃなくて、1日30分の動画で2カ月後には英語がペラペラになる。

そんな事聞いてもあんまり信じられないと思いますが、いざ自分でこのピースオブケークを体験してみるとその評判は本物だったんだなという事が実感出来ます。

今は英会話を使える仕事を探しています!

怪しい要素はある?運営会社や返金対応は?

怪しい要素はある?運営会社や返金対応は?

Piece of cakeを運営しているのは株式会社Smile4Uという会社で、東京の文京区にある会社のようです。

会社の情報として記載しておくと『特定商取引法に基づく表記』として以下のように書かれているんで、当たり前ですが、詐欺会社などというような心配をする必要はありませんのでご安心ください。

例えば自分には合わないと感じたりした場合には返金対応が可能かという事など、不安に感じる場合には事前にメールで問い合わせしてみると良いかもしれませんね。

━━━━━━━━━━

会社名:株式会社Smile4U

住所:東京都文京区根津2-20-16

運営責任者:原貴浩

電話番号:03-6284-2576

メールアドレス:tokusho@s-mile4u.com

━━━━━━━━━━

おわりに

おわりに

ここまでお読み頂きありがとうございます。

冒頭でもお伝えさせて頂いたように、これからのグローバル化の時代に英語というモノは欠かせないモノになります。

そうした時代を見越して英語を学習しようというのはとても大切な事だと思いますが、相手に通じない英語をいくら学んでも何の意味もありません。

相手に伝わる英語を身につける為には何も難しく考える必要がなく、日常的な日本語を話すのと同じような感覚で英語を話す感覚を身につける事が大事であり、その為に必要な事を学ぶ事が出来るのがPiece of cakeです。

たった6つの会話パターンで成り立たせる事の出来る英語を身につける事が出来るという事と、1日30分の動画を見るだけで、スキマ時間を利用して英語を学習する事が出来るという大きなメリットを持ったPiece of cakeですから、多くの人に勧めたいという私の気持ちも理解してもらえるのではないかと思います。

試験の為に学ぶ英語とは違うかもしれませんが、こうして実践的な英語を身につけるという事は間違いなくこれからのグローバル時代に適したものだと思いますので、気になった方は是非Piece of cakeを体験してみてはいかがでしょうか。

無料体験レッスンもあるというのは嬉しいポイントですよね。

それでは、またどこかでお会い出来ればと思います。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。